森ノオトに載せていただきました

sometae06.jpg

「森ノオト」のサイトでsometaeを紹介していただきました。
どうぞご覧ください。
http://morinooto.jp/2018/02/08/sometae/

私が横浜で名を馳せていることなんか全くなくて、
娘の通う保育室のお母さんがライターで(そして、森ノオトの社長さんと後から知って驚く!)、
ある日お迎えの時間が一緒になり、先生がお互いの職業を紹介くださったご縁で、
先生と娘さまさまです。

おしゃれなサイトに、私載って大丈夫かな、と思っていたのですが、
さすがプロ!私のまとまりのない話をわかりやすく、北原さんの目線で切り取っていただけて、
新鮮で私自身気づくこともある貴重な機会でした。
取り上げてくださってありがとうございます。
sometae00-740x533.jpg

めっちゃ良い雰囲気に撮ってくれてはりますが、恥ずかしくて、正視できません、笑。

森ノオトは横浜の暮らしの情報や、webにとどまらずイベント企画など多岐にわたる活動をされていて、
横浜以外の方でも楽しめるサイトだと思います。ぜひ読んでみてください。

森ノオト
http://morinooto.jp/


長い余談

掲載後、お迎えに行ったときに、先生に記事見ました。と
手に職があるっていいですね。一生できるからうらやましい、と言われ、

先生は長年保育園で働いて、自宅を改装して小規模な家庭保育室を作ってしまうほど
熱意のある方で、大ベテランの先生にそんな風に言っていただけてびっくりしてしまった。

先生こそ一生モノで、ずっと保育士さんやってはってすごいですよ、と言ったら、
横浜市の決まりで65歳までしか小規模保育室はできないんです。って!
だから今行っている保育室もあと2年で閉めなあかんらしく、
(先生、65歳前にに見えないので、そこにもびっくり。)
なんか保育士足らんとか言うて、国とか市の取り決めで自分らの首絞めてるだけちゃうん、
何歳って決めんと、やる気熱意があったら、続けていければいいのに。
年齢の制限車のモミジマークみたいに、自分でもう引き時や、と思ったら
辞められる制度やったらええのになあ、と思いました。

ご近所さんのお母さんも保育士さんやけど、年齢のせいでこどもに関わる仕事ができひんから、
悩んではるらしく、なんかなー、なんなんかなー。
めちゃめちゃ話が脱線しましたが、
一生モノの仕事か、と思った次第です。

北原さんも元々ライターやったけど、子どもが生まれて自分でできるように
森ノオトを立ち上げて、色んな方と繋って、働くママを応援したり、企画したり書いたり、
どうやって時間使ってるんやろ、という位バリバリ仕事されてて、
うーん、こどもがいるって理由にならない、
やりたい、と思う気持ちやねんなー。(あと、サポート)

自分の住んでるところをおもしろく掘り下げたり、自分たちで盛り上げて所にも刺激を受ける
田園都市線をおもしろく思えない私に喝。自分でおもろくせななー。

と後半誰が読むねん!な独り言です。(が、保育士の問題は真剣にかんがえてしまう。)
2018-02-17 : お知らせ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

たえ

Author:たえ
sometae 近藤妙子です。
型捺染をしております。
京都府出身 神奈川県在住


<11月の予定>
~11/25(日)
青森・津軽こけし館
「秋の味覚なこけし雑貨展」出品中

11/23(金・祝)
神奈川・青葉区 藤ヶ丘駅前公園
あおばを食べる収穫祭 出店

11/27㈬
神奈川・青葉区 フェリアホール
ママたちの文化祭 出店

<12月の予定>
神奈川・東林間 ナツメヒロ雑貨店
「めでたや市」

・instagram
https://www.instagram.com/sometae87/


・図案・染色のご依頼、
手ぬぐいなどのお問い合わせは、
taekokondo◎gmail.com
までお願いします。
(◎を@に変更して下さい。)

リンク